Bluetooth通信がうまくいかない時

Bluetooth通信が可能な血糖自己測定器およびBluetooth通信 確認済みスマートフォン一覧をご確認いただき、お持ちの血糖自己測定器とスマートフォン(タブレット等の端末含)がBluetooth通信に対応しているかをご確認ください。

※ペアリング(Bluetooth接続設定)後に、Bluetooth通信がうまくいかない場合は以下をご確認ください。



● 血糖自己測定器とスマートフォンの間に障害物が無いか確認する

血糖自己測定器とお使いのスマートフォン(タブレット等の端末含)の間に、通信を邪魔するような障害物が無いことを確認してください。
近くに障害物があると接続や通信の妨げになることがあります。
(例) 壁 ・ ドア ・ 電子レンジ(強い電磁波を出すもの) ・ その他のワイヤレスデバイス

● 過去に血糖自己測定器とBluetooth通信したことのあるスマートフォンの電源を切る

Bluetooth通信を行う血糖自己測定器が過去に別のスマートフォンと接続されていた場合、過去に接続されていたスマートフォンが電源の入った状態で近くにあると、うまく通信できないことがあります。
スマートフォンの電源をOFFにする、またはBluetooth通信をOFFにする、もしくはそのスマートフォンの電波圏外に移動してください。

※一般的に、Bluetoothの通信可能距離はおよそ10mと言われています。しかし、見通しがよい場所ではさらに長い距離でも電波圏内となるため、十分な距離を確保してからBluetooth通信を行うようにしてください。

※Bluetooth通信距離はご使用のスマートフォンによって仕様が違います。詳しくはスマートフォンの販売元にお問い合わせください



●スマートフォンを再起動する

Android

電源ボタンを長押しして、表示された項目から「再起動」を選択します。

※ スマートフォンの端末によっては、手順が異なる場合があります
  詳しくは、取扱説明書をご覧いただくか、お買い上げいただいた販売店にお問い合わせください

iPhone等(ios)

電源ボタンを長押しすると表示される「スライドで電源オフ」という項目をスライドすると電源を切ることができます。
“電源を切り、電源ボタンを長押しして再度電源を入れる”という一連の作業が「再起動」となります。

※iPhoneXについては、再起動の方法が異なります。ご不明な場合は下記Appleサポートサイトをご確認ください。
iPhone、iPad、iPod touch を再起動する




iPhone等(ios)

● スマートe-SMBGのBluetoothへのアクセス許可を確認

iOS13以降、アプリ単位でBluetooth接続するかどうか設定できるようになっています。

  1. スマートフォンの「設定」を起動
  2. 設定メニューを下にスクロールし、「e-SMBG」を選択
  3. 「E-SMBGにアクセスを許可」の「Bluetooth」を確認し、オフになっていればオンにする

● スマートe-SMBGを起動させる

再起動をすると、iPhoneの場合は手動でアプリを起動させる必要があります
※Androidはこの確認は不要です



Android

● 「データ受信できない場合のオプション」を有効にする

「データ受信できない場合のオプション」を有効にすると、 スマートe-SMBGアプリ側から接続を定期的に試みるようになります。
※この設定を有効にしているとバッテリー消費が大きくなります

  1. スマートe-SMBGの画面右下の「設定」を選択
  2. 「Bluetoothデータ受信設定」を選択
  3. 「Bluetooth設定」を選択
  4. 「データ受信できない場合のオプション」を選択し、設定を有効にする


上記項目をご確認いただき、再度お試しいただいてもうまくいかない場合は、
 ペアリング(Bluetooth接続設定)手順【Android】
 ペアリング(Bluetooth接続設定)手順【iPhone(iOS)】
をご確認の上、再度ペアリングを行ってください



■関連FAQ
→Bluetooth接続が可能な血糖自己測定器
→Bluetooth接続 確認済みスマートフォン一覧
→ペアリング(Bluetooth接続設定)マニュアル【Android】
→ペアリング(Bluetooth接続設定)マニュアル【iPhone(iOS)】